絵本とmomoの暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難病女子、絵本を読む。 〜絵本とmomoの暮らし〜

闘病中の23歳が、毎日の1コマと ”本当におすすめできる絵本”を紹介しています。お疲れのあなたに、ひと時の“癒し”をお届けできれば幸いです✨ さてさて、今日はどんな絵本に出会えるのでしょうか?

「だいじょうぶ、だいじょうぶ」。 / 「こんとあき」 林明子

癒し 楽しい 読み聞かせに最適


こんばんは🌟


今日は、お天気が良くて、とても気持ちのいい陽気でした。

ぽかぽかしていて、春の訪れを感じますね☺🌸

 

あなたは、どのような日曜日を過ごされたでしょうか✨?

  

私自身、この数日…やるべき事は沢山あるけれど、あまり元気がでない。

いまいちファイトが湧いてこない。

このままじゃやばいぞ!!と焦る気持ちばかりが募っていく…
そんな日々が続いています😳

 

まあ、そんなことを言って、ただのんびりまったり過ごしたいだけ…なのかもしれませんが。
いわゆる“言い訳”ってやつですね(笑)

 

でも、そんな日があってもいいか、と
たまには自分を許してあげようか、と思う今日この頃です😉

 

本日の1冊

 

さてさて、今日の絵本はこちらです。

 

f:id:momo057:20170226174610j:image 
「こんとあき」

林明子   福音館書店 (1989年)

 

温かく包み込んでくれるような配色と挿絵が素敵な絵本です。

宮崎駿監督によって1989年にアニメ映画化された、あの「魔女の宅急便」の原作の絵を担当されている、林さんの代表作です☺

 

絵本の中身

 

こん は きつねのお人形です。

おばあちゃんに赤ちゃんのおもりを頼まれて
さきゅうまち からやってきました。

 

f:id:momo057:20170320104743j:image

 

その赤ちゃんの名前は あき

 

あき が成長するにつれて、こん は古くなっていき
ある日、うで が ほころびてしまいました

 

f:id:momo057:20170320104802j:image

 

そこで、うでを治してもらうために
さきゅうまち の おばあちゃんの所まで
冒険の旅に出るのです。

 

こん は、あき を一生懸命リードしながら、

新幹線に乗り、おばあちゃんの家を目指します。

 

f:id:momo057:20170320104825j:image

 

そんな こん の 口ぐせは 「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

 

扉にしっぽを挟まれたり、犬に咥えられたり… 

様々なハプニングに見舞われますが、

どんな場面でも「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と 言い続けるのです。

 

少し、痛々しくもありますが…
そんな こん の姿が とても可笑しくて、可愛らしくて
そして 頼もしくもあるのです。

 

 

「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」

「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」

 

そう唱えていると…

なんだか少しずつ、勇気が湧いてくる気がします😌

 

私たちも、こん のように
ピンチのときこそ、魔法の言葉「だいじょうぶ、だいじょうぶ」を唱えてみるとよいかもしれませんね。

 

 

元気が出ないとき
なんだか笑顔になりたいとき


絵本の中の こん に会いに行くといいかもしれません😊

 

f:id:momo057:20170320104908j:image

 

 

f:id:momo057:20170316172730j:image


「だいじょうぶ、だいじょうぶ」。


自分で唱えてみると、だんだん勇気が湧いてくる、そんな魔法の言葉。

 

momo's review 

 

「こんとあき」林明子 

f:id:momo057:20170316181327j:image

 

おすすめ度…★★★★★

 

〈キーワード〉

「絆」 「冒険」 「可愛らしい」 「温かさ」