絵本とmomoの暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難病女子、絵本を読む! 〜絵本とmomoの暮らし〜

療養生活をしながら、 ”本当におすすめできる絵本”を紹介しています。読んでくださる方に、ひと時の“癒し”をお届けできれば幸いです✨ さてさて、今日はどんな絵本に出会えるのでしょうか?

約100万部のベストセラー!それいけ、ファンタジーの世界へ! / 「かいじゅうたちのいるところ」 作/モーリス・サンダック 訳/神宮輝夫

 

こんにちは☀

 

WBCの準決勝、日本対アメリカ戦、ご覧になられましたか⁇

非常に惜しかったですね〜😭

 

これまでいい調子で勝ち進んできたこともあり、なんとか決勝までコマを進めて欲しかったですが…残念ながらそれは叶いませんでした(´・ω・`)

 

しかし、アメリカが相手でありながら、実力で負けていたという感じはなかった気がします✨

 

日本の野球が“世界に通用するということを、今回のWBC一連の試合で感じることができました(*^^*)

 

チームワークも、非常に良かったですよね。

私自身、元気と勇気をもらいました☺️

 

選手の皆さんをはじめ、WBCに携わってきた方々…たくさんの感動をありがとうございました( ^ω^ )

 

そして、本当に お疲れ様でした🌈

 

本日の1冊

 

さてさて、今日の絵本はこちらです。

 

f:id:momo057:20170322135958j:image

かいじゅうたちのいるところ

作/モーリス・サンダック  訳/神宮輝夫

富山房 (1975年)

 

はい。紹介するには有名すぎる絵本かもしれないです(笑)。

“今世紀最高の絵本” なんて言われたりもするそうですね。

 

読んだことのある方にも、そうでない方にも、もう一度ぜひ思い出して頂きたい作品なので、本ブログで改めて紹介してみようと思います🌟

 

絵本のあらすじ

 

ある晩、マックスは オオカミのぬいぐるみを着ると いたずらを始めて大暴れ。

 

「この かいじゅう!」

 

お母さんは怒り、とうとうマックスは 夕ご飯抜きで 寝室に放り込まれた。

 

すると…寝室に 木が生え出して

辺りはすっかり 森や野原

 

 

マックスは 船に乗って 1年と1日 航海すると

かいじゅうたちの いるところ

 

マックスは、かいじゅうたちの 王様になった。

 

「では、皆のもの!

かいじゅうおどり を始めよう!」

  

ところが マックスは 王様なのに 寂しくなって

優しい誰かさんのところへ 帰りたくなった

 

 

マックスは かいじゅうたちの王様を やめる事にした。

 

1年と1日 航海すると いつの間にやら 自分の寝室。

ちゃんと 夕ご飯が 置いてあって

 

「まだ ほかほかと あたたかかった。」

 

感想と考察

 

いかがだったでしょうか?

がとっても深くて 味のある絵本です✨

 

文章自体はとても少なく、物語もシンプルなののですが、そこがまた、この絵本の深みを引き出しているのだと思います。

 

この作品は不思議な事に、何度読んでも、ずーっと眺めていても、飽きないんですよね。

 

細かい所まで丁寧に描かれており、色合い画面いっぱいの絵、そして登場キャラクター達の表情が素敵で…実にいろんなことを語ってくれます🌸

 

かいじゅうたちは、目がギョロッとしていたりするので、確かに“怖い” んですが…とてもチャーミングで魅力的なんですよね☺️

 

 

そして、思いっきり暴れた後のマックスが、やっぱり最後に帰りたくなるのは、お母さんのところ

 

一時的には怒っても、ちゃんと温かいご飯を置いて待っていてくれる…そんなお母さんの存在が、ほっこりと心を暖かくしてくれて、素敵ですね(*^^*)

 

何度でも繰り返し読みたくなる、そんな作品だと思います😊

 

 

f:id:momo057:20170322142336j:image

 

たくさん暴れて 楽しんで

はめを外して 疲れ切った後でも

 

私を待っていてくれる、そんな

帰れる場所があるって 何よりも温かい

 

そんな場所を作りたい

そして そんな場所に なってあげたい

 

momo's review 

 

かいじゅうたちのいるところ
作/モーリス・サンダック

 f:id:momo057:20170322141101j:image

 

おすすめ度…★★★★★

 

〈キーワード〉

「やんちゃ」「温かさ」「愉快」「絵を楽しめる作品」「何度でも読みたい絵本」

 

 

 

:::::::::::::::::::

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

記事がよかったら、はてなスターやブックマーク、リツイート等していただけると嬉しいです😊

コメントもお気軽にどうぞ(*^^*)