絵本とmomoの暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難病女子、絵本を読む! 〜絵本とmomoの暮らし〜

療養生活をしながら、 ”本当におすすめできる絵本”を紹介しています。読んでくださる方に、ひと時の“癒し”をお届けできれば幸いです✨ さてさて、今日はどんな絵本に出会えるのでしょうか?

縦開きの絵本!あなを掘るひろしくんの心の中は…⁈ / 「あな」 作:谷川 俊太郎 絵:和田 誠

 

こんばんは💫

 

昨日から、お天気があまり良くない日が続いていますね☂️

 

暖かくなってきて、ようやく桜が咲いたかな…という時だったので、少し残念な気もしますが、こればかりは仕方ないですね〜😥

 

雨に負けずに、もう少し咲いてくれているといいなあ…なんて思っている今日この頃です🌸

 

今年は、ちゃんと桜を見られていない私ですが、菜の花や桜餅、いちご等、“春の味覚”は十分に楽しんでいます☺

 

完全に、「花より団子」状態ですが、それはそれでいいじゃないか☆と開き直っています(笑)

 

本日の1冊

 

さてさて、今日の絵本はこちらです。 

 

 f:id:momo057:20170407150537j:image

「あな」

作:谷川 俊太郎  絵:和田 誠

福音館書店 (1983年)

 

縦開きの絵本です。

慣れないと少し読みにくいかもしれませんが、この物語には“”に長いこの構造がぴったり。

なんだか新鮮で、ページをめくるのがちょっと楽しいですよ( ^ω^ )

 

絵本のあらすじ

 

日曜日の朝、何もすることがなかったので

ひろしあなを 掘り始めた

 

お母さんが来た。

「何やってるの?」

 

「あな ほってるのさ。」

 

 

となりの しゅうじくんが来た。

「何にするんだい?この あな。」

 

「さあね。」

 

 

お父さんが来た。

「焦るなよ、焦っちゃ だめだ。」

 

「まあね。」

 

 

掘り進めていると、大きないも虫

あなの底から 這いだしてきた

 

ふっと 肩から力が抜けた。

ひろしは 掘るのをやめて 座り込んだ

 

 

あなは 静かで 土のいい匂いがした。

ひろしは あなの壁の シャベルの跡に触った。

 

「これは ぼくの あなだ。」

 

 

妹のゆきこが来た。

「お池にしようよ。」

 

「だめ。」

 

 

お父さんが来た。

「なかなか いいあなが 出来たな。」

 

「まあね。」

 

 

ひろしは 上を見上げた

 

あなの中から見る空は いつもより

もっと青く もっと高く思えた

 

「これは ぼくの あなだ。」

 

そうして、ゆっくり あなを 埋めた

 

 

感想と考察

 

不思議な余韻が残る、そんな作品ですね。

縦開きの構造が、あなの深さを感じさせてくれます😌

 

全ては紹介していませんが、あなを堀るひろしと、そこに登場するお母さん、友達、妹、お父さんの反応がそれぞれ違っていて、面白いですよ☺️

 

私は特に、ひろしの作業を応援しながら見守っているお父さんの存在が、素敵だなあと感じました☆

 

自分が何かにチャレンジしているとき、あまり深く干渉せずに見守ってくれる人がいてくれると、すごく心強いですよね(*^^*)

 

どーんと構えて見守ってくれるー

そんな父親像が描かれている気がしました😌

 

 

そして、この「穴を掘る」という作業ー。

 

なぜ、ひろしは淡々とあなを掘り、何かに利用することもなく、埋めてしまったのでしょうか

  

私は、ひろしは「自分の中にある何かを掘り下げて、気持ちや考えを整理する」ためにあなを掘ったから、十分満足したのではないかと感じました。

 

自分探し”とでもいうのでしょうか。

 

子どもにも大人にも、何かに没頭していたい時ってありますよね。

 

淡々と、深く考えずに作業をする。

すると、終わった後には、なんだかとってもすっきりする。

 

そんな経験ってありませんか⁇

 

この物語に出てくる あなは、そのような意味を持っているのだとしたら…

 

一見すると理解できないような、つまらない行動でも、本当はとても重要な役割を果たしている…ということがあるかもしれません。

 

他人のそういう行動を見つけた時には、あまり口出しせずに、この物語に登場するお父さんのように、温かく見守ってあげるのがよいのかもしれませんね(*^^*)

 

 

f:id:momo057:20170407142757j:image

 

人に理解されなくても

あなたには、あなたの世界がある

 

同じように 周りの人にも

その人ならではの 世界がある

 

干渉しすぎず、お互いの世界を 大切にできれば

人間関係が ずっと楽になるのかもしれない。

 

momo's review 

 

「あな」
作:谷川 俊太郎 絵:和田 誠

f:id:momo057:20170407142900j:image

 

おすすめ度…★★★★☆

 (バランスのとれた絵本ですが、単調なので多少好みが分かれるかも…ということで、★1つ分減点しています。)

 

〈キーワード〉

「没頭」「家族・お友達」「ひとり遊び」

 

 

 

 

気になった方は、ぜひ読んでみてくださいね☆

 

ではでは、次回の記事でまたお会いしましょう(*^^*)

 

::::::::::::::::::

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました☺️


記事がよかったら、はてなスターやブックマーク、リツイート等して頂けると嬉しいです💓

 

また、先日からランキングにも参加しています。
よければポチッとクリックして、このブログを応援して頂けると幸いです( ^ω^ )
 

 


人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村